高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ベトナムサンドイッチバインミーをほおばりながら早稲田通りを歩いていた高田馬場新聞。

ふと道の脇に目をやると何やら地下へ下りる階段が。
高田馬場新聞のアンテナがビビビッと反応します。

どうやらアジア系のレストランのようです。
迷わずドアを開けて中へ。

いらっしゃいませー

ほら当たった!(笑)

高田馬場新聞のアンテナは、どうやら美人に反応を示していたようです。

聞けばこちらはベトナムレストラン「チャオハノイ」。
2013年12月にオープンしたところだとか。

そしてこのジァップさん、フランスとベトナムとのクォーターだそうで。
ほら、誰かにちょっと似てませんか???
そう。

お・て・も・や・ん!

って、違うわッ(笑)

そうなんです。東京五輪招致に一役買ったあの方と同じ、フランスの血が入ったベトナム美女。
だからってわけでもないでしょうが、ちょっと雰囲気も似ているような。

高田馬場新聞、のっけからテンションが上がりまくりです。

さぁ、ミャンマーに続いてベトナムに呼ばれ始めた高田馬場新聞。
早速ジァップさんご自慢のベトナム料理をいただくとしましょう。


まずは生春巻き(ゴイクォン)から。
ベトナム料理と言えばまずはコレ、というくらい有名な一品ですよね。

しかーーし!

ちょっと違うのが、味噌仕立てのソースを使ってるんですね。


あ!
ほんのり甘くてコクがあります。
これは良いですね。

続いて青パパイヤのサラダ(ゴイドゥードゥー)が登場。

ニョクマムの甘酸っぱい味わいに青パパイヤの歯触りがたまりません。

ベトナム料理はタイ料理に比べると辛味、甘味、酸味共にほどほどなんですよね。
ニョクマムとナンプラーの味比べをさせて頂きましたが、同じ魚醤でも、ニョクマムの方がそこはかとなく日本の醤油に近い感じがします。

ま、どっちも大好きなんですけど。

さぁお次は揚げ物が。
揚げ春巻きと蟹のツメフライ。

高田馬場新聞、ハッキリ言っちゃいます。
この揚げ春巻きが

一番、僕好み

でした。

もうなんと言うか、思わず体育館の裏に呼び出して告白するくらいの。
もらってないチョコレートのお返しを思わず渡しちゃうくらいの。

伝わりづらっ(笑)

まぁ、とにかく美味しいんですよ。

そのほかにも生春巻きと同じくド定番のフォー。

米麺うまーー。


ベトナム風お好み焼き、バインセオ。

これはジァップさん直々に食べ方をご指導頂きましたよ!

野菜の上にバインセオを一口大に切り分けて乗せていきます。

そして巻いていきます。

手元ばかりだとなんなので、ジァップさんをドアップで見つめてみます。

あ、またなんだか体育館裏に呼び出したい衝動がむくむくと、、、。

こらこら。
わけのわからぬことを独りごちているうちに、できあがりましたよー。

お好み焼きがあればたこ焼きもある!ってことで、
バインセオの小さい版、バインコットです。

こちらの方が食べやすいですね。

バインセオ同様に巻き巻きして頂きます。

そしてここで登場!

バインミー!!!

なんだか高田馬場バインミー戦争勃発の予感です。

こちらのパンはライ麦で作ったオリジナル製法のパンだとか。
比較的すっきりとした味わいです。

そしてそして、美女はジァップさんだけではありません。

オリエンタル美人のレックさん。

ふぅ。
なんだかすっかりおなかいっぱいです。

でも、野菜がたっぷりなので、おなかがもたれる感じが全然ありません。
これがベトナム料理のいいところですよね。
女性に人気なのがわかります。

高田馬場で楽しむ外国。
ベトナムへ行きたくなったら、チャオハノイへどうぞ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
チャオ ハノイ
住所 東京都新宿区高田馬場1-6-15 荒井ビル B1F
電話番号 03-6233-7177
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)
     17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日  不定休
土曜営業 日曜営業 祝日営業 ランチ営業

Share (facebook)