高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【新店情報】立ち食いステーキ「いきなりステーキ」高田馬場店オープン。

年の瀬12月になって、相次ぐ高田馬場進出のニュースです。
駅前のお店なので、既にご存知の方も多いでしょう。

立ち食いステーキで話題を集めているチェーン店

「いきなり!ステーキ」です。

1年の間にボコボコ出店を進めており、ここ高田馬場店は22号店。12月3日にオープンしました。




しかしどうやらボリュームがスゴいらしいとの事前情報。
当年本厄を迎えた高田馬場新聞。俺に食べられるのだろうか?との疑念が渦巻きます。

門傳さん「僕が行ってきますよ!」

おぉ、これは高田馬場の不動産事情についてお話を伺った、ラインズマンの門傳さんじゃぁないですか。

こいつは渡りに舟、と言う訳で門伝さんに行っていただくことにしました。
ここからは門傳さんによるレポート記事です。



こんにちは、ラインズマンの門傳です。 
普段は高田馬場で不動産屋をやっております。 
最近では、こんなサイトを運営しています。暮らしっく不動産



さて、今回は「いきなりステーキに行ったんだって?」という話から、特別に高田馬場新聞さんで書くことになりました。よろしくお願いいたします。




11月中旬、うちの事務所から駅までの間、早稲田通り沿いに看板を見つけます。

あの「いきなりステーキ」が高田馬場上陸です!

銀座店が話題になっていたので、一度は行こうと思っていました。
まさか高田馬場に出来るとは!
高田馬場も熱い街になってきました。




ということで、オープンして数日後に行ってまいりました。

まだオープンほやほやということで、花輪も飾ってあります。
うちのライバル「白王管理さん」の看板も!


看板が見切れてしまっていますが、ランチメニューは以下のとおり。




1. ワイルドステーキ 300g 1,200円
2. ハンバーグ 300g 1,000円
3. 乱切りステーキ(限定数)300g 1,2000円

その他は夜メニューと同じグラム売りのメニュー構成です。

メニューは、ライスとサラダ、スープがセットになっています。

どれも300g〜という重めの構成です。
ここが少しネックです。 小食な人には辛いかもしれません。
ヒレステーキは200gからいけるようです。


今回は初めてということで、ランチの定番らしき「ワイルドステーキ 300g」を頼みました。

まずサラダとスープが出てきます。

ドレッシングはオリジナルの「いきなりドレッシング」を使いました。
こういうこだわりは好きです。 
味もなかなか美味しかったです!

待つこと5分くらいでしょうか、熱々のステーキが運ばれてきました。
この鉄板ジュー!という感じ、大好きです!
一気に食欲が上がります。

デフォルトの味付けは、塩・胡椒。
その後おこのみで、テーブルにある「ホット・ステーキソース」というのをかけるようです。




300gということで、厚さもしっかり。 「肉食ってるな〜!」という感じがたっぷり味わえます。
昔ニューヨークで行った10ドルステーキ屋さんを思い出しました。

300gということで、ちょっと苦戦しましたが。

無事完食です!
一緒にいったスタッフはギブアップでした。

300gということで、ちょっと多めです。
ファミレスのステーキが大体180gくらいなので、約1.5倍。

この日、ここの管理会社でもある白王管理さんと仕事で話す機会があったのですが、「ちょっと多いですよね〜」という話をしました。
30代以上のホワイトカラーにはちょっと重めランチです。

しかし満足感たっぷり味わえます!

「肉食ってる!」感を味わいたい時におすすめのお店です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
いきなりステーキ高田馬場店
住所 新宿区高田馬場3-2-5
電話番号 03-5937-1929
営業時間 11:00~23:00
     ランチタイム  11:00~15:00(平日のみ)
定休日  年中無休
土曜営業 ランチ営業

Share (facebook)