高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

神社カフェっていったいなんだ?な不思議スポットで占い体験「神々の森神社」。

2014年もあとわずか。
年の瀬は慌ただしくていけませんね。かくいう高田馬場新聞も、何に追われているのかよくわからないんですがあわあわした日々を過ごしております。

そんなある日、高田馬場4丁目、うなぎの記事でご紹介した伊豆栄の前を通りかかった時に不思議な看板を見つけました。

そこにはこんな文字が書かれておりました。

神々の森神社CAFE

と。

神社?

CAFE??

ビルの中に???

もう高田馬場新聞の頭の中は「?」でいっぱいです。


これはもう、突撃するしかないでしょう!

ということで、突撃して参りました。

伊豆栄ビルを3階まで上がると突然、こんな佇まいでお出迎えですよ。

神社なのに扉がある。

むぅん。。。
とにかく扉をガチャリと開けて中へ。

神野栖さん「こんにちは」

おわっ!巫女さんデタ!

高田馬場新聞「あの〜〜、こちらはいったい???」

神野栖さん「神々の森神社という神社でして、カフェとしてお茶もお出ししています」

高田馬場新聞「それはいわゆるコンセプトカフェ、みたいなことなんでしょうか?」

神野栖さん「いえ。確かに施設としてはカフェなのですが、ここにあるお宮は、220年以上の歴史を持つ本殿をお移しした、れっきとした神社なんです」

なんだかトンデモ系のなにかを想像していた高田馬場新聞、思いがけないちゃんとした感に拍子抜けしました。
とは言えまだ疑問がいろいろ残ります。

高田馬場新聞「神社が館内にありながら、カフェもやっておられると」

神野栖さん「はい。そしてこの施設で一番重視しているのは、占いとカウンセリングです。その昔、神社は人々の心を癒すカウンセリング機能を持っていたんですね。そうした本来の神社に近い、新しい癒しの場所を目指しています」

高田馬場新聞「お茶を飲んで心を落ち着けて、占いを通じたカウンセリングを受けるというわけですね」

神野栖さん「はい。そうですね。占い、体験してみられますか?」

高田馬場新聞「お!ぜひ!…でも自分が占われても写真撮れないな。。。」



、、、、ということで、占い体験をしてくれる女子を呼び出しました。

高田馬場のコワーキングスペース、CASE新宿メンバーの高橋さんです。

到着してさっそく、若干戸惑った感を出しつつも、お参りをしていただきます。

こちらの男性が代表の北澤さん。
巫女の神野栖さん共々、産業カウンセラーの資格も持っておられるいわゆる心の専門家です。

北澤さん「お茶は20種類以上を取り揃えています。ちなみに火・木・土曜日の18~23時が開門日でして、ご予約なしでご自由にお越し頂けます。入場料500円で、お茶がいくらでもお飲み頂けます」

高田馬場新聞「開門?」

北澤さん「あぁ(笑)。いわゆる営業時間のことですね」

北澤さん「では、そろそろあちらの社務所で占いのセッションを行いましょうか」

社務所(笑)

ちょいちょい小ネタ的なものが仕込まれています。

社務所に移動して、いよいよ占いスタートです。
今回体験レポートにご協力を頂いた高橋さん、占いは初体験。

ちょっと緊張気味です。

まず、事前に記入した生年月日などの情報を元に、ホロスコープで占っていきます。

北澤さん「おぉ、これは!ふむふむ」

神野栖さん「うん」

なんだか二人の間で何かが通じ合っています。

かたや何を言われるのかビクビクの高橋さん。

北澤さん「行動力とか積極性があるという風に出ています。自分でどんどん突き進んでいくタイプですね」

高橋さん「うん。そうですね。衝動的に行動してしまうところがありますね」

おっと。なんだか高橋さん、ぐいぐい引き込まれていっています。

ほら。表情も真剣そのものです。

ホロスコープに続いて、生まれた時の月齢を見て行きます。

北澤さん「26歳ごろに転機があったのではないですか?」

高橋さん「はい。その頃に務めていた会社を辞めて、新しいことを始めました」

こういうのは失礼だと思いつつも「当たってる!」とか思いながら横で見ている高田馬場新聞。
なんだか面白くなって参りました。

高橋さん、さらにグイッと引き込まれていきます。

そして最後に神事占(しんじせん)という、自分でカードを切って引いてその結果を見ると言う、あまり馴染みの無い占いに移ります。

日本の神話を元にした4枚のカードを切って、順に2枚を取り出します。
1枚が現在の状態、そしてもう1枚が将来の状態を示すのだそうです。

取り出したカードを見て、そこから感じた印象を答えます。

北澤さん「占いって『あなたはこうです!』って断定するようなイメージがありますよね」

高橋さん「そうですね。悪いこと言われたらどうしよう、、って感じです」

北澤さん「そういった切れ味の鋭い部分だけでなく、自分の心と向き合うようなワークを通じて、ご自身で掘り下げていっていただきたいんです」

神野栖さん「ご自身で現在と未来のカードに対してお応えになった印象が、もうそのことを表しているんですね」

なるほど。カウンセリング的なアプローチですね。
占いとカウンセリングのあわせ技といった感があります。

占いの結果の詳細は差し控えますが、高橋さんは今、変化の時期らしいです。
そして今やっておられるお仕事は、これから数年をかけて花開いていくようです。

いい結果でよかったよかった。

メルマガに登録をすると、毎回おみくじをひくことができるそうです。
そして更におみくじの袋を5枚集めると、お札などがもらえるとか。

なんか、販促手法が神社じゃない(笑)

高橋さんもおみくじを引いてみたら

なんと大吉!!
ちなみに高橋さん、この取材の数日後にお仕事上でとっても良いことがありました。

いやぁホントよかったよかった。

高田馬場の新ヒーリングスポット、神々の森神社。
12月31日〜1月4日は初詣企画「占いセラピー特別セッション『本当の初詣』」を開催。

本当の初詣とはいったいなにか?といったことは神々の森神社ホームページで。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
占いヒーリングカフェ×神社 神々の森神社
住所 東京都新宿区高田馬場4-13-12 伊豆栄ビル3F
電話番号 070-6469-7242
※開門日時以外の場合、電話に出られず掛け直しをさせて頂く場合がございます。
開門時間 火・木・土曜 18:00~22:00(23時閉館)
     それ以外は事前予約の上占いセラピー・講座を実施
予約の可否はこちらからご確認ください。

ホームページ http://kamigaminomori.com/

Share (facebook)