高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

神田川のお花見スポット完全マップ化!しかも360°表示で!

みなさーーん!
いよいよ高田馬場にも春到来、ですね。
出会いと分かれのシーズンだからっていうだけでなく、なんだかソワソワしてしまう季節がやってきました。

春と言えば、何はさておき桜ですよ、花見ですよ!
高田馬場で桜と言えば、なんと言っても神田川沿い。

ほら!!!

たまらないでしょう。
ぱっと見、目黒川って言っても通じるでしょう。

…って、そうじゃなくて。。

とにかく遊歩道なのでレジャーシートを広げて宴会!!と言うわけにはいきませんが、お散歩がてら桜を愛でるのに最高の場所なんです。

そこで高田馬場新聞では、都電早稲田駅から小滝橋にかけて、神田川沿いで桜が楽しめるスポットをまとめてみました。

ではまず、こちらをご覧ください。

これは神田川沿いに設置されている、ウォーキング用のマップです。
青梅街道の向こう側の菖蒲橋から、都電早稲田駅の豊橋まで、計33本の橋がかかっています。
神田川の桜は川べりから川の方へ向かって咲いているため、橋から見るのがとてもきれいなんです。
なんで高田馬場新聞、高田馬場エリアの小滝橋から豊橋にかけて、桜が見られる橋からの長めを全てチェックしてきました!

しかーーーも!

西早稲田にある写真撮影とデジタルサービスの会社、インタニヤさんから借り受けた360°撮影カメラを使って、全13本の橋からの長めを3D化することに!

まぁこの表現手法、既に1年前に高田馬場新聞のお兄さん、中目黒新聞がやってたことでもあるんですけれども。
とにかく一度ぜひご覧ください!

地図上にある花のアイコンをクリックすると、その橋から見た画像へ移動します。
矢印を使うと見たい方向に画面が移動します。
プラスとマイナスは拡大・縮小したい時に使ってください。

それでは、神田川バーチャル花見ツアーへGO!

こちらの橋の名前からもアクセスできるようになっています。
戸田平橋

源水橋

高田橋

高戸橋

曙橋

面影橋

三島橋

仲野橋

豊橋

続いては富士大学の裏から小滝橋通りに至るエリアです。
こちらは穴場スポットですよ。

瀧澤橋

新堀橋

せせらぎ橋

久保前橋

いかがでしたでしょうか?
画質自体はちょっと粗いですが、結構楽しめたのではないでしょうか。
ちなみにこの写真は3月28日(土)と30日(月)の2日間に渡って撮影したものです。
満開の様子はまた写真でお届けしたいと思います。

Share (facebook)