高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

楽しく学ぶアイデアがいっぱいのおもしろ出版社「仮説社」。

ある晴れた春の佳き日、一通のメールが高田馬場新聞編集部に届きました。
「当方、仮説社という科学教育系の出版社なのですが,お客さまが学校の先生ということもあって、教室が楽しくなるようなおもちゃ・手品・不思議な実験器具の販売もしています。

お店はビルの二階にあって,階段も薄暗く,一見さんはほとんどいらっしゃいません。その上最近大屋さんが階段の電気をセンサーライトに付け替えてしまったので,外から見ても階段は真っ暗で不気味なことこの上なく……」

と、どうやら地域の皆さんにもっと知ってほしいってことのようです。
ちょっと面白そうなので、さっそく行ってくることにしました。

場所は高田馬場2丁目。郵便局のある通りに面した建物です。
確かに1階のお店があいているので、ぱっと見気づきにくいですね。

一応サインは出ていますが。

ビルを2階に上がっていくと入口があります。

書籍類が所狭しと並んでいます。

高田馬場新聞「こんにちは〜 高田馬場新聞です〜」

わいわい。ガヤガヤ。
なんかお話をする声が聞こえてきます。

なんかみんなでゴハン食べてる(笑)

荒木さん「ウチ、お昼が出るんです」

こちらがメールをくださった荒木さん。

高田馬場新聞「お昼が出るなんて素敵な職場ですね」

荒木さん「社長夫人が作ってくださるんです」

のっけからほんわかムードに包まれます。

しかしこのままではヨネスケになってしまいかねないので話を本筋へ。

 

高田馬場新聞「仮説社さんは出版社なんですよね?」

荒木さん「はい。授業書という、先生方の授業を支援する書籍を発行しています。それ以外にも『たのしく教えてたのしく学べる』ための本を幅広く出版しています」

荒木さん「あとは書籍以外にも、実験器具や、おもちゃなども置いてます。お客様の大半が先生なので、授業をたのしくするいろんなグッズを揃えてたらこんな感じになりました」

 

うん。確かに何に使うのかよくわからないものがあちらこちらに置いてあります。

例えばコレ。

水の入ったペットボトルが2本、ジョイントされています。

ジョイント部に使われているのがこれ。

トルネードチューブとあります。

荒木さん「これはですね。ウォータートルネード、つまり水の竜巻を作る道具なんです」

実演していただきました。

わーーー。地味ッ!!!!

でもなんでしょうか。ついつい何度もやってしまいます。

 

 

そしてこちらは、ふしぎなスプーン。


荒木さん「手の湿気で紙がくるんと丸まって、ハンドパワーっぽいです」

これまた地味ですね〜。

荒木さん「地味ついでに言うとこれなんかどうでしょう。お弁当についてるしょうゆさしと、ナットが入っています」

うわぁぁぁ、ザ・地味!!!!(笑)

でもなんだろう、こう、この渋さの中にじわじわと心に来るものがありますよ。

 

あ、もう少し動きそうなヤツを発見。

ジャイロホイールというコマです。

荒木さんに回してもらいましょう。

荒木さん、上手く回せません。
若干のドジっ子萌えを感じながら、先輩にバトンタッチ。見本を見せてもらいましょう。

なるほど。こうやって廻るんだ。
ずっと廻ってます。

うん、オモロイわ。ココ。

 

荒木さん「あ、あとコレは、ついこないだTwitterで話題になった、おはなし迷路です」

高田馬場新聞「なんですか?」

荒木さん「迷路に昔話が書かれていて、正しいお話の通りに進むと迷路を出られるんです」

高田馬場新聞「間違うとどうなるんですか?」

荒木さん「お話が終わっちゃいます」
ホントだ。へぇ〜〜〜。ちょっとやってみましょう。

昔、

少し太ったおじいさんがいました。

小太りじいさんです。



終わっちゃった!(笑)

もう、遊んでるうちに時間がどんどん経っていきます。

その他にも、世界で一番美しい周期表だとか

煮干しの解剖セット(笑)とか

火おこしキット(笑)

なんてものまであります。

火をおこす例のアレが4種類も揃ってるお店って、他にあるんでしょうか?
ラインアップが斜め上すぎて、メチャ楽しいです。

あら。荒木さん、おもむろに皿回しを始めました。

荒木さん「ウチの会社、入社の条件に皿回しができること、っていうのがあるんです。最近やってないからあんまりうまくできなくて…」

というか荒木さん、今のところあらかたうまくできていませんヨ。。。

とそこへ社長が登場。

社長「貸してごらん。これをこうやって、ほら!」


さすがに社長。お上手です。

と、まぁこんな調子で「たのしく学ぶ」ためのいろんなグッズが置いてある楽しいお店です。

そしてそんな仮説社で「春の仮説社フェア」なるものが開催されるのだとか。
2015年4月25日(土)と26日(日)の2日間、ものづくり体験やいろんなイベントが開催されるそうです。

この機会にお子様連れで一度のぞいてみてはいかがですか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
仮説社
住所   東京都新宿区高田馬場2-13-7
電話番号 03-3204-1779
営業時間 10:00~18:00(金曜日は〜20時)
定休日  日曜・祝日
土曜営業

Share (facebook)