高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

大好評!神田川の親水テラスで染色体験・水元再現イベント開催。

2014年に引き続き、気がつけば今年もすっかりイベントのメンバーに入ってました。

何のことかって?

「神田川染色体験・水元再現」イベントです!

こちらのチラシ、高田馬場新聞でデザインを担当致しました。

そして2015年7月26日(日)猛暑日の予想通り、天気は快晴。
気温はなんと36度!!

神田川の水が気持ち良い〜〜

地域センター1階の駐車場では絞り染め体験。
小学生以下は無料なので、たくさんのちびっ子たちが一生懸命染めていました。

まずは布に自分のものとわかるように名前を書いて、輪ゴムや竹で縛っていきます。
縛った部分は染料が染まらず、柄ができるというカラクリ。

輪ゴムで縛ると丸ーく柄ができます。

表情は真剣そのもの。どんなできあがりになるのかな?

小さな子でも簡単にできるのが良いですね。

 

縛り終わったら、担当の方に渡して染料で染めてもらいます。

染料は鍋でぐつぐつ煮立っています。
色は紫色と空色の2種類。好きな方に並んで染めてもらいます。

 

こちらは空色。
しっかり染まっていますね。

染まったら輪ゴム、竹をはずしていきます。

おー!きれいに染まってる!!

お兄ちゃんは複雑な柄!!
良い出来だね!

そして仕上げに神田川親水テラスで水元。
水元とは余分な染料を洗い流す工程です。

その昔は神田川で行われていたのですが、環境保護の観点などから禁止され、現在に至ります。

その歴史的な工程を体験することのできる、貴重な機会がこのイベント。

神田川は美化が進み、以前に比べて水もきれいになりました。
ちょうちょも涼みにやってきていましたよ。

とっても上手ですね。

そしていよいよ職人さんたちによる水元再現が始まります。
新宿区の吉住区長も来ておられました。

始まりました。水元再現。

じゃぶじゃぶと反物を揺すりながら洗っていきます。

こうした様子が見られるのは年に1度。この日だけ。

と、吉住区長も体験をしてみることに。

長靴を履いて川に入り、水元を体験です。

なかなか様になっていました。

 

また地域センターの5階には、展示と有料の染め物体験コーナーがありました。

新宿区染色協議会の富田会長の作品。
江戸小紋です。

他にも各工房の職人さんの作品が展示されていました。

反対の一角には型染めと友禅染め体験コーナーが。

型染めの型です。

型の上から染めていきます。

型ごとに色を変え、思い思いの色を付けていきます。

イメージ通りに染まるでしょうか。

友禅染めは、筆を使って輪郭の内側を染めていきます。

結構細かい作業。集中力が必要です。

高田馬場の歴史を知り、染め物に対する理解を深め、神田川の自然に触れる夏の一日。
実り多いものになってくれたことでしょう。

ちなみに参加者は絞り染めが158人、型染め27人、友禅染め20人、計205名でした。
昨年が101名ですので倍以上の参加をいただきました。

今後ますます、恒例のイベントとして定着していけるように、高田馬場新聞も微力ながらお手伝いをして参ります。

Share (facebook)