高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

いろいろ攻めまくってる蕎麦屋“太閤”で日本酒を嗜む。

みなさん日本酒はお好きですか? 高田馬場新聞です。

私ふだんはビールを飲むのですが、たまに気分を変えたい時や和食を食べるときなんかには日本酒を飲んだりします。

ですが高田馬場新聞、蕎麦屋で日本酒を嗜むという領域へは、いまだ到達できずにいました。
板わさをつまみにクイっと一杯、とか…憧れるんですがなかなかこれが敷居が高い気がして。

そんな高田馬場新聞に、気軽に日本酒を楽しめる蕎麦屋ができたとの情報が入ってきました。
それがここ“太閤”。

高田馬場駅から諏訪通りを越えて、戸山公園(大久保地区)へ抜ける途中に2015年オープンしました。
リスカフェの隣、と言えばわかるでしょうか。

太閤外観

いくばくかの主張し過ぎ感と言いますか、何かしらを伝えたい感じがビシビシ伝わってくるこの感じ。
ぶっちゃけ、蕎麦屋で板わさなどをアテにしっぽり日本酒を…といった風情は全くありません。

なんならカツ丼の店か、と思わせるほどに(笑)。

店に入るとスーパードライとハイボールがアピって来ます。
うん。完全にしっぽりしてないやつだこれ。
でも、いわゆる立ち食い蕎麦のそれともなんかちょっと違う。

広い店内

わかった。ロフトがあるせいだ(笑)。
いやこれがなかなか広いお店。

2階にも座席が

壁にはあれやこれやの張り紙があり、情報過多な現代社会を揶揄しているのかという気すらしてきます。そんなわけないけど。

1F

2階から下を見下ろすとこんなふう。

2階から下を見下ろす

オススメメニューなどの張り紙の中に、こんな1枚を発見しました。

毎日なにかおトク

(画像をクリックすると拡大できます)

太閤では、毎日何かしらのお酒が激安になっているようです。
この日は木曜日だったため、ウーロンハイ・お茶ハイが150円。

つまり蕎麦屋でありながら、手軽な居酒屋づかいのできるお店っていうことのようです。

ウーロンハイ

しかしいくらお徳だからといって、ウーロンハイでお茶を濁している場合ではありません。
お茶だけに…って、こら。

私は日本酒を飲みに来たのです。
なにがなんでも蕎麦屋で日本酒をクイッ、なんです。

早速、以前ネットで見たことのある「新政(あらまさ)」をオーダーします。

新政No.6

パッケージのデザインとか、酵母や蔵をめぐる様々なストーリーとか、今の日本酒ブームを牽引する蔵元らしいなどといった前情報だけで、美味い気がしてきました。

1杯目は新政

 

1杯目は新政

新政、うまい。
フルーティと形容されるお酒を飲む機会が最近多くなった気がしますが、新政はそれらとはまた違った爽やかさを感じる味…な気がします。
日本酒を語るほどの語彙の持ち合わせが無いため、若干弱気なレポートになることをお許しください。
こちらが取材時の日本酒ラインナップです。
日々変わっていると思います。

日本酒ラインナップ

(画像をクリックすると拡大できます)

獺祭をはじめ、田酒、黒龍などが品揃えされています。

獺祭飲み比べはこの3本

獺祭は知名度も高いせいか、飲み比べセットが人気だそうです。

太閤サラダ

アテには太閤サラダをオーダー。
鴨とサーモンのサラダに揚げた蕎麦がのっかっています。

村祐と田酒

続いては新潟の村祐(むらゆう)と青森の田酒(でんしゅ)の飲み比べセット。

國井さん

こちらが店長の國井さん。バイク便で貯めたお金で太閤を開業されました。
バイク便時代のエピソードがいろいろ面白かったんですが、ココには書けません。
お店で聞いてください。

なぜ太閤って名前にしたのか聞いてみると「天下取ったる!」ということで付けたのだそう。
なんとも蕎麦屋らしからぬアグレッシブさに、爽やかな風が吹いてくるのを感じます。

馬刺
馬刺を食べます。
綺麗なサシが入っています。田酒によく合う…気がします。

Hotter Chicken

あと、Hotter Chicken(ホッターチキン)辛いソースのかかったフライドチキン。
これは完全にビール向きでしたね。
ビールのことなら比較的強気にでます。

続いて國井さんオススメの黒龍の3種飲み比べセットへ。
飲み過ぎなんちゃう?と思われるかもしれませんが、安心してください。
これ、2人で飲んでいます。

説明してくれる國井さん

垂れ口とは、お酒がちょろちょろと垂れてくる、その口のこと。
搾り立ての味わいが楽しめるお酒なんだそうです。

黒龍の飲み比べ

けっこうトロッとして味がしっかりしています…気がします。

 

これを炙り鴨ネギで

鴨ネギ

鴨ってやっぱ日本酒と合うなぁ〜〜………って気がします。

 

さらにたっぷり飲むで〜!っていう方には、飲み放題メニューもご用意。
3,000円で獺祭に黒龍なども飲めるっていうから、これは嬉しい。

 

「グループで吐いた人が一人でも出たら即終了」というルールが若干ツボです。
國井さんに伺うと、学生さんも多い場所柄どうしてもそうせざるを得なくって……とのことでした。

3段階の飲み放題

確かに自分の学生時代にもマーライオンいたもんなぁ(遠い目)。

さくらそば(中)

あ、締めには季節メニューのさくらそばを頂きました。
いよいよ春本番。
この春も、楽しいお酒をたくさん飲みましょう!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
そば 太閤
住所   東京都新宿区大久保3-9-5
電話番号 03-3207-6868
営業時間 平日 11:00~24:00(LO23:00)
土祝 11:00~23:00(LO22:00)
日曜 15:00~23:00(LO22:00)
定休日  今のところ無し

Share (facebook)