高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

速攻で閉店した支那そば北熊(ほくゆう)跡地に速攻でうどんカフェが開店するのか問題

このたび、高田馬場新聞・西早稲田支局特派員に着任しました、えびすい(戎井)がお伝えします。

普段はスマホアプリ(とWebサイトなど)を開発する会社をしています。
最近は、Web制作の講師や店舗で商売をしている方向けにWeb対応のアドバイスをしたりセミナーをしたりすることも増えました。

そして、本題です。

早稲田通り沿い、西早稲田3丁目の「支那そば北熊(ほくゆう)」が開店から2ヶ月後の6月25日で閉店したことは、西早稲田界隈の商店主、そして界隈の人たちの間でわりと話題となりました。

筆者は、北熊にプレオープンの4月25日にお邪魔してました。
こちらは、そのときの筆者のブログです。

支那そば北熊高田馬場店(東京一号店/西早稲田)プレオープン初日に行ってきた

さて勝負はこれからという時に突然北熊の店主から、6月25日(日)に閉店しますとのメッセージが北熊のFacebookページで発表されたのでした。

こちらは、今となってはいろんな意味で希少な、北熊が店頭で配布していた割引チラシです。
割引の有効期限が6月30日までなのに、25日に閉店してしまうという…。

支那そば北熊

さて、そうすると地下1階にそこそこお金をかけて造作をしたお店はどうなるのと思った矢先に地元のフリーペーパー「ジモア」に後釜らしき店舗の情報が掲載されました。

♥ Udon Cafe(ウドン カフェ) 創作うどん×新鮮なフルーツ&野菜。韓国デザートが味わえるヘルシーカフェ。

ジモア(JIMORE)さんのページから引用

「♡ Udon Cafe 2017.7.7 OPEN予定」!

いやもうなんか、なんというかどんな店かいち早く行って確かめたい。
スタッフらしき人の写真の下には「かわいくてモダンな内装もグッド!女子会やご家族でどうぞ☆」とあります。
ジモア2017年夏号、この記事を教えていただいたのは7月5日、サイトの店舗情報は6月28日に更新されています。
そうなんですよ。支那そば北熊の店内は、かわいくてモダンで内装もグッドだったんですよ。

そして、さらにそそるのは紹介されている写真です。

「明太かき玉うどん」と「フレッシュメロンパフェ」が鎮座しています。
うどんとカフェですから。カフェと言ったらスィーツですから。

いろいろ想像力が刺激されます。温かいうどんとパフェのセットメニューがあるのかとか、うどんとメロンのパフェだったら、おそらくはメロンパフェの方が値段が高いんやろうとか、「スムージー」、「韓国の最新デザート」が味わえるって書いてあるから、えええ、とか。
注目すべきは、カフェちっくな、茹でうどんを使うけど出汁を使わないパスタのようなメニューかと思いきや、しっかり出汁をとった関西風創作うどんをだすようなので、あのラーメン屋仕様の細長いキッチンで温かいうどんと冷たいスィーツの調理がどのように共存するのか、ですね。

 

そして、最大のハードルは、ここ早稲田通りを通る人々の大半を占める早稲田大学の人々、そろそろ試験期間に入って人通りがまばらになり始め、8月4日から9月20日まで夏期休業にはいり人通りが激減することですね。

なぜ人は、より困難な戦いに立ち向かおうとするのか。ああ。

 

そんなUdon Cafe、もう勝手に省略してうどかふぇ、7日にオープンと書いてあるから6日深夜、7日未明に北熊跡地に行ってみました。

支那そば北熊

 

うん。まあ、予定って書いてるからね。

 

この記事を書いているのは、現在7月8日のお昼です。
ついさっきも、状況を見てきました。
支那そば北熊

うん。まあ、あくまでも予定だからね。

 

うどかふぇのオープンを温かく見守っていきましょう。

 

西早稲田支局特派員・えびすい

※本原稿は、2017/07/08に執筆しました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

SHOP DATA

♥ Udon Cafe(ウドン カフェ)

住所 東京都新宿区西早稲田3-28-1 佐藤ビルB1

電話番号 03-6228-0208

営業時間 11:00〜25:30

定休日 無休

※近々、オープン予定。

Share (facebook)