高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

いろいろイタい、のを楽しみに行く。コンセプトバーあでぃくしょん

JRと西武線の間には、高田馬場でも有数のディープエリアがあります。

米とサーカスとかのある、さらに奥。

そこにまた怪しいお店を見つけました。

IMG_7494

なんか変な人形が立っています。

 

IMG_7496

「依存注意」とあります。

IMG_7504

店内はますます謎の空間。いったい何の店なのか。

IMG_7503

と、カウンターに見たことのある女性が座っています。

あでぃくしょん

あ、米とサーカスの宮下さんだ。
我々にヤギのキンタマとかサソリとかを食わせた女性です(詳しくはそちらの記事で)。

この謎のお店は「あでぃくしょん」と言いまして、米とサーカスを運営する宮下企画がやっているお店なのです。

元々は「再開」というスナックがあった場所で、宮下企画の社長がよく通っていたところ。
再開のママが亡くなってしまい、この土地の面白さを活かして引き継いでお店をやれないか?ということで、2015年2月にオープンしたのだとか。

 

宮下社長にお話を聞くことができました。

高田馬場新聞「そもそもなんで高田馬場だったんです?」

宮下社長「高田馬場にお店を出して、6年目になります。ゴールデン街でやっているお店に続く2店舗目の場所を探していたところ、今の場所(米とサーカスのところ)を見つけて。一目で気に入って出店を決めました。高田馬場、面白いです」

そういえばニュージャックの大石さんも米とサーカス出身。

それ以外にも、高田馬場で働いていた人が高田馬場でお店を出すってパターン、結構見かけます。
小さくて濃いコミュニティができているんですね。

 

IMG_7479

そうこう話しているうちに、宮下社長はゴールデン街の店に行くと言って出て行きました。

続きは宮下さん(社長と同じでややこしいので、以下慧さんとします)に聞くことにします。

慧さん「あでぃくしょんのコンセプトは、addictすなわち依存症です。ドーパミンから引用した“パミンちゃん”19歳のお部屋、という設定で店を作っています」

高田馬場新聞「えっ。ぜんぜんわかりません!」

IMG_7566

慧さん「お店の内装のイメージが、ゴミだらけだけどカワイイ、女の子のお部屋なんです」

高田馬場新聞「あっ、わかりました。イタイ感じですね」

IMG_7532

そう。けして居心地の良い空間、とかではないこのお店。

IMG_7548

 お通しがまたイタイ。

IMG_7543

なんかちっさいバケツに錠剤が。。。

高田馬場新聞「こ、これは…」

IMG_7545

慧さん「あでぃくしょんのお通し、エビオス錠です!」
ふだんサプリメントを摂らない高田馬場新聞。
これはどういうことかと検索してみたところ「最も男になれるサプリ」という薬事法回避な感じのフレーズを目にし、そこはかとなく感じられる効果効能についてイメージができてしまいました。
うん、ここ完全に小ネタだらけのお店だ。

IMG_7464

バーカウンターの奥にはウーパールーパーがいました。

高田馬場新聞「そういえば米とサーカスで、ウーパールーパー出してますよね。ということは、この子は…」

慧さん「詳しくは言えません(笑)」
(笑)って、こんなに恐ろしいシチュエーションでも使えるんですね。
IMG_7459
なぜか水槽に酸素をブクブクさせるやつの掃除をさせられる、常連ぽいお客さん。
慧さん「なにかお飲みになりますか?」
高田馬場新聞「えーー。こうなってくるとなに飲めば良いかわからなくなってきました。とりあえず変なやつ、ください」
IMG_7515_2

 

スタッフのももちゃん「変なやつ、、、何がいいですかね」

理沙店長「あぁ、あれがいいんじゃない?」

IMG_7425

ももちゃん「じゃぁ一番変っぽいやつをお出ししますね!」

IMG_7422

ちなみにももちゃんは高校生。22時までしかお店にはいられません。
当然お酒も飲めませんが、カウンター越しに見ているだけで若さが目に沁みます。

ももちゃん、ちょっと前にニューヨークへ行って来たのだとか。

その話を聞いている時のBGMが、アリシア・キーズの「にゅ〜よ〜く♪」ってやつだったのが個人的にツボでした。

 

アート系のスタッフが多いのもあでぃくしょんの特長ですね。

理沙店長はミュージシャンだそうです。

IMG_7431

で、いよいよ怪しい系のドリンクが2杯、カウンターに置かれました。

IMG_7442

豆乳プロテインとウォッカしるこ。。

味の説明とかそういうのは野暮なのでやめておきますが、「ウォッカしるこは桜餅の味」という慧さんの説明はかなり的確だったことだけ、報告しておきます。

IMG_7546

アテが遠足の時に見た感じなのも、まぁそういうことだよね、ってことで。

あ、でも食事まわりは米とサーカスと連携していて、米とサーカスのメニューを出前できたり深夜のガッツリメニューも品揃えされています。

IMG_7533

慧さん「この深夜食堂のメニュー、あんまり知られていないので、宣伝お願いします!」
宣伝しときました。皆さん食べて見てください。
営業時間は19時-朝5時(日曜日は24時まで)で、十数名のスタッフが1日2人体制で出勤中です。
慧さん「役者に美大生、米とサーカスと兼務の子、ゴールデン街のバーと兼務の子とか、いろんな子がいます。一人だけ男の子もいますよ」
この空間に男性が働いているっていう、もうよくわかりません。
で、このお店はバーなんですか?ガールズバー?と聞いたところ「コンセプトバーです」と言われました。
宮下社長が言っていた「当初は3年で締めるつもりで始めたんだけど、思ったよりウケているので続けようと思っている」という言葉の中にある真理が見つけられれば、僕も高田馬場で夜のお店をやっていけるのかもしれません。やらんけど。

 

 

あとこれはトイレのライト。

IMG_7473

何にaddictしてんだろうかね。

 

高田馬場のディープエリアのさらに奥の方。
入ったら戻ってこれない、かもしれません。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
SHOP DATA
あでぃくしょん
住所   東京都新宿区高田馬場2-19-8
電話番号 03-6233-9889
営業時間 19:00~翌5:00(日曜日は24時まで)
定休日  無し
女子学生ノーチャージ

 

 

Share (facebook)