高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

足立金物店(高田馬場3丁目)廃業、30日まで全品半額閉店セール中

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

西早稲田支局特派員えびすいがお伝えします。

高田馬場のことを書き始めてから、ちょいちょい街ネタをいただくようになりました。

昨晩、金物屋さんが閉店するんですって聞いたので今朝のぞいてきました。

2017年12月30日(金)で91年の歴史に幕を降ろすのは、高田馬場3丁目にある足立金物店さん。
創業は大正15年(1926年)です。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

店主がお亡くなりになって、やむなく閉店されるのだそうです。
お店にはたくさんの在庫があるので、最終的には一山いくらで引き取ってもらうそうですが、今までの感謝と閉店のご挨拶も兼ねて、少しでも近隣の方に活用してもらえればと全品半額セールをやっています。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

おかみさんに挨拶してちょろっとお話を伺いました。

足立金物店は、もともと家庭用の鍋、やかん、包丁などなどの金物を扱うお店でした。
そこから徐々に、職人さんが使う工具などを扱い出したのだそうです。

朝7時に店を開けていて、現場に向かう職人さんが立ち寄れるので重宝されていたのだとか。
(現在は9時開店です)

どんなものがあるか、紹介しますね。

まずは家庭用の中華鍋やフライパン、包丁、焼肉プレートもありました。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

そして、ねじ釘ビス。
売るほどたくさんありました。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

電動工具のドリルでしょうか。モンキーレンチもでかいのから小さいのまでありましたね。
写真を撮るのを忘れたのですが、鍬(くわ)も一つありましたよ。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

そしてこれ、コテです。

「最高級本職用 木曽桧特製 木鏝」とあります。
製造元の野尻木材工業所のWebサイトをみると、すでにコテの製造はやめているのでしょうか、紹介がありません。
モノタロウでも取り扱い終了しています。
わざわざショーケースに飾ってある商品なので、わりと希少価値あるのかもしれません。

野尻木材工業所さん、Webサイトを見てみると、天然木曽檜の能面材、仏像彫刻材が主力製品のようです。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

高田馬場3丁目、足立金物店、2017年12月30日(金)の19時で91年の歴史に終止符を打ちます。

高田馬場3丁目・足立金物店閉店セール

場所は高田馬場3丁目・早稲田通り、駅から小滝橋に向かってシチズンボールを50Mくらいこえたところ(シチズンボールの反対側です)です。

近隣の方、年末の忙しい時期ですが、掘り出し物を見つけに立ち寄ってみるのはいかがでしょうか。

以上、西早稲田支局特派員えびすいがお伝えしました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
DATA
店名 足立金物店
電話 03-3364-5371
住所  東京都 新宿区高田馬場3-24-3
最終営業日 2017年12月30日(金) 
営業時間 9:00~19:00

Share (facebook)