高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

タイレストランBOSSでタイメシデート妄想篇。

タイレストランBOSSでタイメシデート妄想篇。

充実のランチセットが人気のタイレストランBOSS。移転して広くなったおかげで、混まずに入られるようになったのが嬉しいところ。タイ料理を食べながらデートをしたら…そんなイメージで記事にしてみました。
つづきを読む
餃子荘ムロの餃子には歴史とか音楽とかいろいろ詰まってる。

餃子荘ムロの餃子には歴史とか音楽とかいろいろ詰まってる。

高田馬場で餃子と言えばムロ。肉汁ジュージュー系とは一線を画す、サクサク系の餃子には、“餃子のあん”のほかに歴史とか、あと音楽とかいろんなものが詰まっていましたよ。
つづきを読む
夜9時からケーキが売れだすAVANÇONSの朝はその日も早かった。

夜9時からケーキが売れだすAVANÇONSの朝はその日も早かった。

早稲田通りの雑踏にたたずむ1軒のパティスリー。5人ものパティシエを擁し、毎日手作りされるケーキができるまでを見学しているうちに、人生の悲喜こもごもに思わず思いを至らせるはめに。
つづきを読む
高田馬場ラーメン女子大作戦!!てどんな作戦?

高田馬場ラーメン女子大作戦!!てどんな作戦?

ラーメン大好きな素敵女子、「ラーメン女子」が「高田馬場ラーメン組合」とコラボして限定麺を生み出した、その名も「高田馬場ラーメン女子大作戦」。女子力高めな限定麺にレッツトライ。あ、おじさんも行って良いよ。
つづきを読む
ミャンマーの少数民族シャン族の料理店でビール飲みながら虫を食べた

ミャンマーの少数民族シャン族の料理店でビール飲みながら虫を食べた

日本中でシャン族の料理を食べられるのはここだけじゃないかという唯一無二の店、ノングインレイ。シャン料理は発酵食品が多く、日本人の口にも良く合います。しかしこちら、超絶スペシャルな「昆虫食!」にチャレンジできるお店だったのです。
つづきを読む
堅焼きのウナギが嬉しい路地裏の鰻屋「愛川」。

堅焼きのウナギが嬉しい路地裏の鰻屋「愛川」。

江戸前の蒸したものと関西風の焼いたもの、その両方が食べられる東京でも珍しい鰻屋が高田馬場の路地裏に。焼き方の話を伺う前に聞いた、店主が高田馬場で鰻屋を開くまでの変遷がこれまた面白くて……。
つづきを読む
世界のビールとごはんを楽しむ「地球を旅するCAFE」。

世界のビールとごはんを楽しむ「地球を旅するCAFE」。

オーガニック&フェアトレードの食材を使用したカフェ・バーが高田馬場にできました。旅先で出会い結ばれたオーナー夫婦が、各国の料理からヒントを得たメニューや、世界のビールを楽しめるお店です。
つづきを読む
裏通りの餃子カフェ蒼で楽しむ餃子。

裏通りの餃子カフェ蒼で楽しむ餃子。

高田馬場4丁目の路地裏、バインミーのさらに奥を曲がったところにある餃子カフェ蒼。ヘルシーな素材を使った餃子に、選べるフレーバーオイルを組み合わせる、楽しむ餃子店。みんなでいろんな味を試すとか、利き餃子もアリかもですね。
つづきを読む
東京富士大学の学生と一緒に高田馬場ラーメン店マップを作成するよ。

東京富士大学の学生と一緒に高田馬場ラーメン店マップを作成するよ。

さかえ通りの奥、まさに地元の東京富士大学と高田馬場新聞とで、高田馬場ラーメン店マップを制作することに。その背景にはラーメンもの知り博士としてテレビ出演していたという教授の存在が…。
つづきを読む
盛りがスゴイと噂のビストロ「ラミティエ」で限界の向こう側に行ってきた。

盛りがスゴイと噂のビストロ「ラミティエ」で限界の向こう側に行ってきた。

盛りがものすごいと評判のビストロ「ラミティエ」。人気のためランチですら予約無しでは入店が困難なこちらに、満を持して予約をして臨んだ4人組がいかにして返り討ちにあったか、の顛末記。
つづきを読む
【朗報】千代作が1日限定の復活企画を企みちゅうとか。

【朗報】千代作が1日限定の復活企画を企みちゅうとか。

2014年7月に惜しまれつつも閉店した千代作が1日限定復活を目指して始動。twitterにつぶやかれた一言から話はドンドン大きくなって、2015年秋の開催に向けてクラウドファンディングも計画ちゅう!
つづきを読む
あの鉄板焼さくらがバー営業やったら当然メシウマイ。

あの鉄板焼さくらがバー営業やったら当然メシウマイ。

ミシュランガイド2015にも載っている高田馬場の名店「鉄板焼さくら」。そのさくらがやっているバータイムで出されるフードは当然美味いわけで。
つづきを読む
高田馬場でローストビーフ丼を並ばずに食べる方法。

高田馬場でローストビーフ丼を並ばずに食べる方法。

高田馬場で行列のできる店、ローストビーフ丼のレッドロック。行列は、、、というアナタのために、高田馬場で食べられるローストビーフ丼のお店をまとめました。
つづきを読む
カテキン効果でキレイ&元気!日本茶カフェ「茶々工房」。

カテキン効果でキレイ&元気!日本茶カフェ「茶々工房」。

高田馬場には珍しく落ち着いた雰囲気のカフェ。その日本茶を出すと言うそのカフェは、ランチにはおにぎり、夜にはアルコールも楽しめる癒し空間だったのです。
つづきを読む
高田馬場ではここだけ?!フレアが見られるカフェ&バー「ピアクオーレ」。

高田馬場ではここだけ?!フレアが見られるカフェ&バー「ピアクオーレ」。

高田馬場でフレアが見られる店はここだけと噂のカフェ&バー、ピアクオーレ。イケメンマスターのお店はバーはもちろん、ランチにカフェにと使えます。
つづきを読む
地元出身のオーナーが営むカジュアルイタリアン「Daigo」。

地元出身のオーナーが営むカジュアルイタリアン「Daigo」。

地元出身のオーナーがやっているイタリアンダイニング。カジュアルな雰囲気に本格派の味。しかもボリュームもすごくってもう幸せの予感しかしません。
つづきを読む
「パクチーバル8889」でパクチーまみれフクロウまみれてきた。

「パクチーバル8889」でパクチーまみれフクロウまみれてきた。

夏前に外観はできていたのにオープンしないと噂の店「パクチーバル」がついにオープン。パクチーバルってだけでも?なのに、それに加えてフクロウカフェってなにがいったいどうなってるのよ、とパクチーまみれフクロウまみれてきました。
つづきを読む
【新店情報】さかえ通りに新たなミステリースポット誕生「黒和豚」。

【新店情報】さかえ通りに新たなミステリースポット誕生「黒和豚」。

さかえ通りを入ったところにできた「しゃぶしゃぶとラーメン専門店」。誰もが気になっていたアノ店へ、ついに高田馬場新聞も潜入してみたらなんかいろいろとそれなりに。。。
つづきを読む
【新店情報】相次ぐ肉食家争奪戦「びっくりドンキー」高田馬場店オープン。

【新店情報】相次ぐ肉食家争奪戦「びっくりドンキー」高田馬場店オープン。

肉食戦争が激化の一途をたどる、2014年高田馬場冬の陣。このところ話題のステーキ店がオープンした2日後に、すぐ向かいのビル、しかも路面店ではなく4階にオープンをしたびっくりドンキー。高田馬場はどちらを受け入れるのか?!
つづきを読む
さかえ通り奥の立ち飲み「炎天下」のコスパが良すぎて心配になるレベル。

さかえ通り奥の立ち飲み「炎天下」のコスパが良すぎて心配になるレベル。

一部業界関係者内で話題の立ち飲み居酒屋がさかえ通り奥にオープン。そのコストパフォーマンスの高さは飲食店の激戦区、と言うか入れ替わりが激しすぎるこの立地で生き残れるのか?!
つづきを読む
2 / 3123