高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

カテキン効果でキレイ&元気!日本茶カフェ「茶々工房」。

カテキン効果でキレイ&元気!日本茶カフェ「茶々工房」。

高田馬場には珍しく落ち着いた雰囲気のカフェ。その日本茶を出すと言うそのカフェは、ランチにはおにぎり、夜にはアルコールも楽しめる癒し空間だったのです。
つづきを読む
高田馬場ではここだけ?!フレアが見られるカフェ&バー「ピアクオーレ」。

高田馬場ではここだけ?!フレアが見られるカフェ&バー「ピアクオーレ」。

高田馬場でフレアが見られる店はここだけと噂のカフェ&バー、ピアクオーレ。イケメンマスターのお店はバーはもちろん、ランチにカフェにと使えます。
つづきを読む
地元出身のオーナーが営むカジュアルイタリアン「Daigo」。

地元出身のオーナーが営むカジュアルイタリアン「Daigo」。

地元出身のオーナーがやっているイタリアンダイニング。カジュアルな雰囲気に本格派の味。しかもボリュームもすごくってもう幸せの予感しかしません。
つづきを読む
「パクチーバル8889」でパクチーまみれフクロウまみれてきた。

「パクチーバル8889」でパクチーまみれフクロウまみれてきた。

夏前に外観はできていたのにオープンしないと噂の店「パクチーバル」がついにオープン。パクチーバルってだけでも?なのに、それに加えてフクロウカフェってなにがいったいどうなってるのよ、とパクチーまみれフクロウまみれてきました。
つづきを読む
【新店情報】さかえ通りに新たなミステリースポット誕生「黒和豚」。

【新店情報】さかえ通りに新たなミステリースポット誕生「黒和豚」。

さかえ通りを入ったところにできた「しゃぶしゃぶとラーメン専門店」。誰もが気になっていたアノ店へ、ついに高田馬場新聞も潜入してみたらなんかいろいろとそれなりに。。。
つづきを読む
【新店情報】相次ぐ肉食家争奪戦「びっくりドンキー」高田馬場店オープン。

【新店情報】相次ぐ肉食家争奪戦「びっくりドンキー」高田馬場店オープン。

肉食戦争が激化の一途をたどる、2014年高田馬場冬の陣。このところ話題のステーキ店がオープンした2日後に、すぐ向かいのビル、しかも路面店ではなく4階にオープンをしたびっくりドンキー。高田馬場はどちらを受け入れるのか?!
つづきを読む
さかえ通り奥の立ち飲み「炎天下」のコスパが良すぎて心配になるレベル。

さかえ通り奥の立ち飲み「炎天下」のコスパが良すぎて心配になるレベル。

一部業界関係者内で話題の立ち飲み居酒屋がさかえ通り奥にオープン。そのコストパフォーマンスの高さは飲食店の激戦区、と言うか入れ替わりが激しすぎるこの立地で生き残れるのか?!
つづきを読む
【新店情報】立ち食いステーキ「いきなりステーキ」高田馬場店オープン。

【新店情報】立ち食いステーキ「いきなりステーキ」高田馬場店オープン。

量り売りの立ち食いステーキ「いきなり!ステーキ」、高田馬場にいよいよ上陸。高田馬場の肉食家たちを満足させることはできるのか?!
つづきを読む
【新店情報】中野の有名店「四文屋」高田馬場店オープン。

【新店情報】中野の有名店「四文屋」高田馬場店オープン。

お店の入れ替わりが激しい高田馬場に中野・新井薬師発祥で今ガンガン勢力拡大中の焼とり焼きとんの四文屋が進出!高田馬場焼きとん戦争勃発の予感?!
つづきを読む
夢民カレーの打ち上げを野菜がうまいと噂の居酒屋「克ツ」で開催。

夢民カレーの打ち上げを野菜がうまいと噂の居酒屋「克ツ」で開催。

7月のある日、夢民カレー復活にチャレンジしたみんなで打ち上げに。野菜が美味いと噂のタックイレブン1階にある居酒屋「克ツ」へと向かったらとんだ罰ゲームが。
つづきを読む
早稲田・高田馬場はうなぎの名店が地味に多いのだ

早稲田・高田馬場はうなぎの名店が地味に多いのだ

まだまだ下町の風情が残る高田馬場。もちろん鰻を楽しむことのできるお店がいくつかあります。わざわざ遠くまで出張ってかなくても、高田馬場で美味しい鰻を食べられるんですから。
つづきを読む
伝説の味復活?夢民のカレーを再現しよう。

伝説の味復活?夢民のカレーを再現しよう。

先日閉店したラーメン店「べんてん」と同様に、2012年末に惜しまれつつ閉店した伝説のカレー店「夢民」。その味を家庭で再現するレシピを見つけたことから始まったカレー騒動の顛末。
つづきを読む
戸山公園そばにイベントたくさんの「リスカフェ」を発見。

戸山公園そばにイベントたくさんの「リスカフェ」を発見。

戸山公園(大久保地区)の西隣に、できてまだ1年のかわいいカフェを発見。そしたらこれがただのオサレカフェではなく、楽しいイベント満載の“参加型カフェ”だったのです。
つづきを読む
高田馬場に大人向けの炉端居酒屋!「馬場六区」。

高田馬場に大人向けの炉端居酒屋!「馬場六区」。

高田馬場に予約必至な大人のお店があると聞きつけ何度か飛び込みでトライしたらその度に満席で入れなかったという噂の居酒屋へついに潜入成功!がぶり鶏をがぶりとやってきました。
つづきを読む
料理ごとに異なるヤンニョム!韓国料理「味音(みそり)」。

料理ごとに異なるヤンニョム!韓国料理「味音(みそり)」。

コリアンタウン新大久保から1駅。高田馬場の韓国料理店には、新大久保から韓国人もやってくる。人気の秘密は料理ごとに異なるヤンニョムタデギ(とうがらし調味料)。火曜・木曜は半額イベントやってます。
つづきを読む
噂の最新名古屋メシが高田馬場に上陸「まぜそば しるし」。

噂の最新名古屋メシが高田馬場に上陸「まぜそば しるし」。

いま名古屋で大人気の「台湾まぜそば」が、高田馬場に上陸。きしめん、味噌煮込み、あんかけパスタ。オリジナリティの高さ故か、東京で大ヒットの少ない名古屋の麺。はたしてその前例を破ることはできるのか。
つづきを読む
超☆インスパイア系ラーメン「千代作」。

超☆インスパイア系ラーメン「千代作」。

学生街の高田馬場でタンシチューが食べられると聞きつけて、たどりついたはラーメン店。しかもこのラーメン店がただものじゃぁなかった。それはまるで小ネタのデパート。一見の価値あるお店です。
つづきを読む
ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ミャンマーに引き続き、ベトナムから呼ばれ始めた感のある高田馬場新聞。アジア大好きな高田馬場新聞の血は、さらにベトナム美女の登場で沸騰寸前の取材になったのは想像に難くなく。。
つづきを読む
創業明治30年。新宿区唯一のかまぼこ屋「山仙」。

創業明治30年。新宿区唯一のかまぼこ屋「山仙」。

まだまだ寒い日が続きますがそんな日には「おでん」が恋しくなりますね。都内で60軒、新宿では唯一のかまぼこ屋さんは明治30年の創業。80歳を迎える社長の職人技を動画でどうぞ。
つづきを読む
自家製パンで作るベトナムサンドイッチ「バインミー」。

自家製パンで作るベトナムサンドイッチ「バインミー」。

パクチー・ハーブ大好きっ子あつまれ!高田馬場にベトナムサンドイッチの名店あり、との噂を聞きつけやってきましたバインミー。自家製パンの軽い食感となますの酸味が、あなたを馬場のアジアトラベルにお連れします。
つづきを読む
3 / 41234