高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

4年目に入ったCASE Shinjukuが増床&リニューアル。

4年目に入ったCASE Shinjukuが増床&リニューアル。

高田馬場のコワーキングスペース&シェアオフィス、CASE Shinjukuがオープンから4年目に入って大リニューアル。高田馬場新聞の創刊とほぼ同時期にオープンしたご近所さん、知らぬうちにサポート力をグイグイ高めていたのでした。
つづきを読む
アクト企画にケーブルテレビが来て顔はめ看板を作った話。

アクト企画にケーブルテレビが来て顔はめ看板を作った話。

高田馬場新聞の記事に何度も登場している看板屋、アクト企画の小田島さん。ケーブルテレビの取材が来るので逆取材に来ませんか?とのお誘いを受けてちゃっかり映り込んできました。
つづきを読む
ラインズマンが不動産業界に風穴をあけかけているという話。

ラインズマンが不動産業界に風穴をあけかけているという話。

不動産業者ラインズマンが、不動産取引に関する情報を発信しているWebサイト「暮らしっく不動産」。そこに投じられた1つの記事がきっかけとなって、不動産業界の闇に一石を投じる事案が発生。その顛末をお届けします。
つづきを読む
ちょっとヤンゴン行って来た(訳あり編)

ちょっとヤンゴン行って来た(訳あり編)

高田馬場新聞の見習い記者M氏がある日突然、ヤンゴン行ってきますとだけ告げて飛び立った。編集長すら行ったことの無い海外取材の裏に隠された意外な旅の目的とは。
つづきを読む
住みたい街ランキング1位の吉祥寺に高田馬場が挑んだら vol.2

住みたい街ランキング1位の吉祥寺に高田馬場が挑んだら vol.2

住みたい街ランキングで上位の吉祥寺に高田馬場が挑むシリーズ第二弾は吉祥寺の南側。井の頭公園の異変からなんだかおかしな方向へ話は進んで…。
つづきを読む
住みたい街ランキング1位の吉祥寺に高田馬場が挑んだら vol.1

住みたい街ランキング1位の吉祥寺に高田馬場が挑んだら vol.1

住みたい街ランキングで常に1位を独占している街吉祥寺に我らが高田馬場は本当に負けているのか。不動産視点を織り交ぜながら、街の魅力を徹底的に比較してみました。
つづきを読む
2016年、ミャンマーを掘り下げてみる。

2016年、ミャンマーを掘り下げてみる。

2015年、高田馬場を揺るがした一大事、ミャンマー総選挙。なにせ高田馬場は長く続いた軍政の中、日本へ逃れて来たミャンマー難民の一大拠点。高田馬場の隣人、ミャンマーについて、理解を深めていきましょう。
つづきを読む
世界で大ヒットのボードゲームが高田馬場を熱くする。

世界で大ヒットのボードゲームが高田馬場を熱くする。

世界で二番目に売れているボードゲーム、その販売元がなんと高田馬場に!今年開かれる日本大会のファイナルに高田馬場カタン大会など、これから高田馬場がカタンで熱くなりそうです。
つづきを読む
チョコでできるイラクの子どもたちの医療支援。

チョコでできるイラクの子どもたちの医療支援。

高田馬場からイラクへ。2004年から10年以上に渡り、イラクの子どもたちの医療支援を行ってきたNPO。例年12月から実施しているチョコ募金について、話を聞いてきました。
つづきを読む
今注目の地域通貨が早稲田・高田馬場発祥って知ってた?

今注目の地域通貨が早稲田・高田馬場発祥って知ってた?

高田馬場で愛されてきた手塚キャラとの縁から生まれた地域通貨「アトム通貨」。今では日本中で使われるまでに広がった、その原点と現在のお話。
つづきを読む
愛国製茶、その社名にまつわる悲喜こもごもとか。

愛国製茶、その社名にまつわる悲喜こもごもとか。

高田馬場駅の交通広告、中でもひときわ気になる存在だった「愛国製茶」。そのパンチのききすぎた社名の由来とそれに伴う悲喜こもごもとかあれやこれやのお話。
つづきを読む
早稲田から国際協力。私たちにできることをひとつずつ「シャプラニール」。

早稲田から国際協力。私たちにできることをひとつずつ「シャプラニール」。

内藤とうがらしラーメンフェアの景品である「鉄腕アトムジュートバッグ」は、西早稲田の国際協力NGOの活動を通じてバングラデシュで作られていたフェアトレードアイテムでした。
つづきを読む
タカダノババIT系。イベント管理ツール“ドアキーパー”。

タカダノババIT系。イベント管理ツール“ドアキーパー”。

高田馬場とITっていうと、なんだかちょっとアンマッチな印象を受ける組み合わせですよね。しかも「外国から来られて起業したお二人」っていう、ますます興味津々なとあるwebアプリ開発会社のお話です。
つづきを読む
仕事をつなぐ・生み出す。シェアオフィス&コワーキングスペース。

仕事をつなぐ・生み出す。シェアオフィス&コワーキングスペース。

シェアオフィスとかコワーキングスペースとかノマドとか。最近そこここで耳にするようになった、今っぽいワークスタイルの波がついに高田馬場へ襲来!これからの働き方が見つかる、かも。
つづきを読む
創業大正14年の和菓子店。鉄腕アトムで馬場を元気に!

創業大正14年の和菓子店。鉄腕アトムで馬場を元気に!

高田馬場の名物と言えば「アトムまん」。それが出来上がるまでの歴史背景には、長くてちょっと切ない高田馬場暗黒の時代が存在したのです。高田馬場の栄枯盛衰と活性化に向けた取り組みをお届けします。
つづきを読む
地域ネコを知っていますか?

地域ネコを知っていますか?

高田馬場には、地域ネコと呼ばれる活動を行っておられる方々がいらっしゃいます。野良猫と何が違うの?エサやってるけどいいのあれ?などといった疑問をズバッと解決します。
つづきを読む
「高田馬場」ってどうやって読みますか?

「高田馬場」ってどうやって読みますか?

記念すべき第一回目の記事では“たかだのばば”の読み方、いわゆるイントネーションについて書いてみることにしました。 関西人が“たかだのばば”を読むと果たして。。。。
つづきを読む