高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

高田馬場の有名店、相次ぐ閉店の報せに高田馬場騒然「千代作」7月いっぱいで閉店。

高田馬場の有名店、相次ぐ閉店の報せに高田馬場騒然「千代作」7月いっぱいで閉店。

2014年の夏は高田馬場にとって忘れられない夏になりそうです。6月末の「べんてん」閉店に続いて「千代作」までもが7月いっぱいで閉店との報せが入ってきました。
つづきを読む
伝説の味復活?夢民のカレーを再現しよう。

伝説の味復活?夢民のカレーを再現しよう。

先日閉店したラーメン店「べんてん」と同様に、2012年末に惜しまれつつ閉店した伝説のカレー店「夢民」。その味を家庭で再現するレシピを見つけたことから始まったカレー騒動の顛末。
つづきを読む
今注目の地域通貨が早稲田・高田馬場発祥って知ってた?

今注目の地域通貨が早稲田・高田馬場発祥って知ってた?

高田馬場で愛されてきた手塚キャラとの縁から生まれた地域通貨「アトム通貨」。今では日本中で使われるまでに広がった、その原点と現在のお話。
つづきを読む
高田馬場は如何にしてアトムの街になったか。

高田馬場は如何にしてアトムの街になったか。

高田馬場が世界に誇る魅力の1つ「鉄腕アトム」。ガード下の壁画や山手線の発車音としても知られるアトム・手塚プロダクションと高田馬場とのつながりを調べてきました。
つづきを読む
愛国製茶、その社名にまつわる悲喜こもごもとか。

愛国製茶、その社名にまつわる悲喜こもごもとか。

高田馬場駅の交通広告、中でもひときわ気になる存在だった「愛国製茶」。そのパンチのききすぎた社名の由来とそれに伴う悲喜こもごもとかあれやこれやのお話。
つづきを読む
べんてん狂騒曲 最終章「閉店にまつわるエトセトラ」。

べんてん狂騒曲 最終章「閉店にまつわるエトセトラ」。

いよいよこの日がやってきました「べんてん最終日」。ラストべんてんを求めてできた行列は前の晩21時から。。。そして朝6時10分にまさかの受付終了宣言が出たそうで。行列に並んでいるみなさんに、べんてんの思い出を聞いてきました。
つづきを読む
閉店まであと4日!高田馬場「べんてん」行列狂騒曲―ちょっと5時間並んでみた(6月24日)

閉店まであと4日!高田馬場「べんてん」行列狂騒曲―ちょっと5時間並んでみた(6月24日)

先日速報でご紹介した高田馬場で働く漫画原作者「猪原賽」さん。超有名ラーメン店「べんてん」閉店の報を受け、ついに並ぶことを決断!その顛末は?!
つづきを読む
戸山公園そばにイベントたくさんの「リスカフェ」を発見。

戸山公園そばにイベントたくさんの「リスカフェ」を発見。

戸山公園(大久保地区)の西隣に、できてまだ1年のかわいいカフェを発見。そしたらこれがただのオサレカフェではなく、楽しいイベント満載の“参加型カフェ”だったのです。
つづきを読む
「東京アニメーションカレッジ」のオーディションに潜入。

「東京アニメーションカレッジ」のオーディションに潜入。

めざせ未来の大声優from高田馬場!さかえ通りからほど近くにある東京アニメーションカレッジの声優オーディションへ潜入取材をしてきました。
つづきを読む
高田馬場「べんてん」閉店に衝撃走る!ラストつけ麺に駆け込むファンの行列がすごい

高田馬場「べんてん」閉店に衝撃走る!ラストつけ麺に駆け込むファンの行列がすごい

ラーメン激戦区高田馬場の老舗ラーメン店「べんてん」がついに閉店。高田馬場で働く漫画原作者「猪原賽」さんのブログより。
つづきを読む
高田馬場に大人向けの炉端居酒屋!「馬場六区」。

高田馬場に大人向けの炉端居酒屋!「馬場六区」。

高田馬場に予約必至な大人のお店があると聞きつけ何度か飛び込みでトライしたらその度に満席で入れなかったという噂の居酒屋へついに潜入成功!がぶり鶏をがぶりとやってきました。
つづきを読む
高田馬場弁当屋列伝その1「茨城屋」。

高田馬場弁当屋列伝その1「茨城屋」。

高田馬場には格安お弁当店と呼ばれるお店があります。その中でもかなり年季が入ったお店を宮田商店会に発見しました。そしたらもうなんだか思いがけず驚きのテンポで弁当が作られてゆき。。。。
つづきを読む
踊っていつまでも元気!ダンススタジオ サンチェス。

踊っていつまでも元気!ダンススタジオ サンチェス。

さかえ通りから少しそれた神田川のほとり。妙齢の男女が通う場所が、、、との情報を元にたどりついたはダンススタジオ。しかもメチャ男前の先生が!!!!
つづきを読む
早稲田から国際協力。私たちにできることをひとつずつ「シャプラニール」。

早稲田から国際協力。私たちにできることをひとつずつ「シャプラニール」。

内藤とうがらしラーメンフェアの景品である「鉄腕アトムジュートバッグ」は、西早稲田の国際協力NGOの活動を通じてバングラデシュで作られていたフェアトレードアイテムでした。
つづきを読む
親子で楽しむ「高田馬場☆春の宇宙教室」を開催しました。

親子で楽しむ「高田馬場☆春の宇宙教室」を開催しました。

イベントをやりたいやりたいやりたいと思っていたら、最適な場所も、イベントのコンテンツもすぐ目の前にあったからじゃあやるしかないでしょうということでやってみたらたくさん来てくださって嬉しかった、って話。
つづきを読む
意外に多い!お役立ち高田馬場周辺の公共系施設をMAPにしました。

意外に多い!お役立ち高田馬場周辺の公共系施設をMAPにしました。

高田馬場には意外にも区の施設を始めとする公共系施設が充実しています。会議室系のものやビジネス支援系、スポーツ施設からプラネタリウムまで幅広く、税金納めてるなら使わなきゃ損!ということでまとめてみました。
つづきを読む
「ミャンマー料理を食べる会」に行ってきた。

「ミャンマー料理を食べる会」に行ってきた。

ミャンマー留学生支援機構・高田馬場ミャンマー語教室主催の「ミャンマー料理を食べる会」に潜入したら、思いがけず素敵エピソードがいっぱいで、なんだか心がすっかり浄化されて帰ってきました。
つづきを読む
高田馬場は染めものの街だった!「東京染ものがたり博物館」。

高田馬場は染めものの街だった!「東京染ものがたり博物館」。

かつて神田川沿いには、江戸から続く染色産業の一大集産地がありました。東京オリンピックを控えた昭和30年代までは、染料を洗い流す工程が神田川で行われていたとか。そんな歴史の一端を残すミニ博物館へ行ってきました。
つづきを読む
江戸野菜で地域がつながる!「内藤とうがらし復興プロジェクト」。

江戸野菜で地域がつながる!「内藤とうがらし復興プロジェクト」。

高田馬場発祥の地域通貨「アトム通貨」と高田馬場ラーメン組合がコラボ。農地がゼロの新宿でもできる特産品の復興プロジェクト「内藤とうがらし復興プロジェクト」のラーメンフェアで、汗だくだく。
つづきを読む
料理ごとに異なるヤンニョム!韓国料理「味音(みそり)」。

料理ごとに異なるヤンニョム!韓国料理「味音(みそり)」。

コリアンタウン新大久保から1駅。高田馬場の韓国料理店には、新大久保から韓国人もやってくる。人気の秘密は料理ごとに異なるヤンニョムタデギ(とうがらし調味料)。火曜・木曜は半額イベントやってます。
つづきを読む
8 / 10« 先頭...678910