高田馬場新聞は東京高田馬場の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

噂の最新名古屋メシが高田馬場に上陸「まぜそば しるし」。

噂の最新名古屋メシが高田馬場に上陸「まぜそば しるし」。

いま名古屋で大人気の「台湾まぜそば」が、高田馬場に上陸。きしめん、味噌煮込み、あんかけパスタ。オリジナリティの高さ故か、東京で大ヒットの少ない名古屋の麺。はたしてその前例を破ることはできるのか。
つづきを読む
超☆インスパイア系ラーメン「千代作」。

超☆インスパイア系ラーメン「千代作」。

学生街の高田馬場でタンシチューが食べられると聞きつけて、たどりついたはラーメン店。しかもこのラーメン店がただものじゃぁなかった。それはまるで小ネタのデパート。一見の価値あるお店です。
つづきを読む
高田馬場発祥のタイ料理「スパイスロード」。

高田馬場発祥のタイ料理「スパイスロード」。

トムヤムラーメンという、一見キワものなメニューを起爆剤にしてタイの独特の味覚を日本中に広めたティーヌン。高田馬場を日本のタイ料理発祥の地として認定してほしいくらいの新事実、わっさわっさと出てきます。
つづきを読む
ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ベトナムのおもてなし食堂「チャオハノイ」

ミャンマーに引き続き、ベトナムから呼ばれ始めた感のある高田馬場新聞。アジア大好きな高田馬場新聞の血は、さらにベトナム美女の登場で沸騰寸前の取材になったのは想像に難くなく。。
つづきを読む
創業明治30年。新宿区唯一のかまぼこ屋「山仙」。

創業明治30年。新宿区唯一のかまぼこ屋「山仙」。

まだまだ寒い日が続きますがそんな日には「おでん」が恋しくなりますね。都内で60軒、新宿では唯一のかまぼこ屋さんは明治30年の創業。80歳を迎える社長の職人技を動画でどうぞ。
つづきを読む
自家製パンで作るベトナムサンドイッチ「バインミー」。

自家製パンで作るベトナムサンドイッチ「バインミー」。

パクチー・ハーブ大好きっ子あつまれ!高田馬場にベトナムサンドイッチの名店あり、との噂を聞きつけやってきましたバインミー。自家製パンの軽い食感となますの酸味が、あなたを馬場のアジアトラベルにお連れします。
つづきを読む
手塚先生専用メニュー「一番飯店」の特製上海焼きそば。

手塚先生専用メニュー「一番飯店」の特製上海焼きそば。

手塚治虫先生のリクエストでできたという特製上海焼きそばは、今年でちょうど60周年を迎える中華料理店で生まれました。日本の漫画・アニメ文化を、食で支えてきた高田馬場の老舗のお話。
つづきを読む
タカダノババIT系。イベント管理ツール“ドアキーパー”。

タカダノババIT系。イベント管理ツール“ドアキーパー”。

高田馬場とITっていうと、なんだかちょっとアンマッチな印象を受ける組み合わせですよね。しかも「外国から来られて起業したお二人」っていう、ますます興味津々なとあるwebアプリ開発会社のお話です。
つづきを読む
かつて手塚プロ御用達だった喫茶店「つかさ」でお宝発見。

かつて手塚プロ御用達だった喫茶店「つかさ」でお宝発見。

手塚プロが入っていたビルの1階にある喫茶つかさ。そんなつかさのマスターにはお宝アイテムがあるそうで…。テレビ朝日の朝ワイド番組でも紹介されたお宝を発見!?
つづきを読む
高田馬場で65年。若手4代目が新客層開拓にチャレンジする阿部豆腐店。

高田馬場で65年。若手4代目が新客層開拓にチャレンジする阿部豆腐店。

戦中から続く老舗豆腐店に潜入。3代目と4代目の激しい抗争の後に咲くのは、悲しいあだ花か、はたまた卯の花か。ほろりと甘いオカラドーナツの味はいかに(この説明文は、本編とほぼ関係がありません)。
つづきを読む
ギュギュッと詰まった新食感の無添加食パン。

ギュギュッと詰まった新食感の無添加食パン。

高田馬場駅から歩いて10分弱。小滝橋にほど近い場所で美味しいにおいをプンプンさせているパン屋さん、シンクスクウェア。食の細いお年寄り、妊婦さん、お子さんに「このパンだけは食べられる」と言わしめた、食パンの秘密を探ります。
つづきを読む
仕事をつなぐ・生み出す。シェアオフィス&コワーキングスペース。

仕事をつなぐ・生み出す。シェアオフィス&コワーキングスペース。

シェアオフィスとかコワーキングスペースとかノマドとか。最近そこここで耳にするようになった、今っぽいワークスタイルの波がついに高田馬場へ襲来!これからの働き方が見つかる、かも。
つづきを読む
ミャンマー語を学んで留学生支援。

ミャンマー語を学んで留学生支援。

ミャンマーに呼ばれ呼ばれて馬場新聞、たどり着いたはミャンマー語教室。 しかしてそこはただの語学教室ではありませんでした。 ミャンマー進出をもくろむ個人・法人のみなさん必見!
つづきを読む
ミスミャンマーがやってきた!

ミスミャンマーがやってきた!

高田馬場のミャンマー料理店の取材がきっかけで、あれよあれよという間にミスミャンマーのフォトセッションを取材する機会に恵まれてしまったなんとも幸運な取材の顛末はいかに?
つづきを読む
JR高田馬場駅に念願のホームドア設置!

JR高田馬場駅に念願のホームドア設置!

2013年12月21日、念願のホームドアが解禁されました。盲人の方も多い高田馬場駅で、切に望まれ続けた設備が念願の完成です。でも実はこのバリアフリー化の背景にも、鉄腕アトムが絡んでいたんです。
つづきを読む
からあげ専門店のパイオニア「天下鳥ます」。

からあげ専門店のパイオニア「天下鳥ます」。

「からあげブーム」の立役者とも言うべきお店が、我が街にあることをご存知ですか?コンビニのからあげになったり、笑っていいとものからあげNo.1決定戦で優勝するなど、スゴいからあげ専門店が高田馬場にあったんです。
つづきを読む
リトルヤンゴン高田馬場に潜入!

リトルヤンゴン高田馬場に潜入!

ミャンマーの少数民族「カチン族」の料理を出す日本でも希有なお店、高田馬場の「実の里」。2011年早稲飯コンテストで優勝した噂のカチン丼のグルメレポートからミャンマーの少数民族を取り巻くお話まで。
つづきを読む
高田馬場と忠臣蔵の意外に深い関係。

高田馬場と忠臣蔵の意外に深い関係。

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日として有名ですが、その浪士の1人が高田馬場に所縁があることはご存知ですか?四十七士の剣客、堀部安兵衛がその名を上げ、赤穂藩に召し上げられるきっかけとなったのが「高田馬場の決闘」だったことを!
つづきを読む
創業大正14年の和菓子店。鉄腕アトムで馬場を元気に!

創業大正14年の和菓子店。鉄腕アトムで馬場を元気に!

高田馬場の名物と言えば「アトムまん」。それが出来上がるまでの歴史背景には、長くてちょっと切ない高田馬場暗黒の時代が存在したのです。高田馬場の栄枯盛衰と活性化に向けた取り組みをお届けします。
つづきを読む
地域ネコを知っていますか?

地域ネコを知っていますか?

高田馬場には、地域ネコと呼ばれる活動を行っておられる方々がいらっしゃいます。野良猫と何が違うの?エサやってるけどいいのあれ?などといった疑問をズバッと解決します。
つづきを読む
9 / 10« 先頭...678910